New Worldの冷凍サーモンがめっちゃ使いやすく美味しかったのでレビュー

みなさん、こんにちは。

昨日NZのジェシンダ首相がLIVE記者会見で、来週からレベル3に引き下げるだろうということをアナウンスしました。

ただし、レベル3でも制約多し。まず私の働くレストランでもface to faceのサービスが出来ないので、テイクアウトのみの営業になりそうです。

受け渡しも工夫しないとダメですね。

例えば、お客さんが来る直前に、外の机に名前書いて置くとか、近所のサークルK(なんども言ってるかもしれないけど、今だに近所にサーKあるっていうのちょっと面白いんだけど、私だけでしょうか?w)がやってるみたいに、透明のプラスチック板でレジカウンターとお客さんを隔てる(外貨の両替所とかでやってる)やつとか…?

 

さて、今日は先日スーパーでの買い出しで購入していた、冷凍サーモンを使ってホイル焼きを作ったところ、

とっても美味しかったのでレビューしたいと思います。

使ったのはこちら⇩

“NZ Salmon fillets skin on bone out (FRZ) “244g=$7.32(1kg=$29.99)

「ニュージーランド産サーモン切り身・皮付き骨なし(冷凍)」

Fillets(辞書によると、魚の場合は骨のなしの切り身のこと)だけで、そもそも骨が無いのはわかると思うんだけど、

こっちの人は、魚の小骨とかめっちゃ嫌がるので、「骨入ってませんよ!」って念押しされてますね。

サーモンのホイル焼き

材料:

冷凍サーモン2切れ

好きな野菜(もやし、ピーマン、人参)

調味料(レモン2切れ、オリーブオイル、塩)+出来上がってからお好みで醤油やポン酢など

準備:冷凍サーモンは冷蔵庫に移して解凍しておく

今回も3ステップでレシピを紹介します。

①アルミホイルを適当な大きさに切り、その上にお好みの野菜を細切りにし散りばめる。

②野菜の上に、サーモンをのせて、オリーブオイル、塩をして、レモンをのせる。

③アルミホイルで包み、180℃のオーブンで15〜20分焼く。

完成!

焼き始めて5分くらいした時にミニトマト入れるの忘れてて、後で追加しました。

この料理の良かったところ:

・冷凍サーモンなので生より値段が安く、長期保存可能。(買い置きしてて、思い立った時に使える)

・サーモンの解凍を除くと、準備の作業時間は約5分!

・オーブンで多少ほっといても、アルミホイルでカバーしてるので、焦げることもないし、野菜からの水分で蒸し焼き状態になり、サーモンもパサつかずふっくら仕上がる。

・蒸し焼きにすることで野菜がたっぷり食べられる。

・調理器具の洗い物がゼロ

 

二人分で$10もかかってないので、一人$5以下でメインが出来ました!

野菜の甘みとサーモンの旨味が楽しめました♪

オリーブオイルの代わりにバターにすると少し濃厚な感じになると思います。

調味料変えて、味噌とかでちゃんちゃん焼き風などアレンジレシピも出来そう。

その場合、野菜はキャベツの細切りがいいな〜・・・想像が膨らみます♪

 

あ〜また食べたい。

 

New Worldの冷凍サーモン神!

 

ありがとう、New World

 

では、今日も一日 Stay safe!

Kia kaha (マオリ語でBe strongの意)!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.