ニュージーランド今日からレベル2に緩和!

こんにちは。5/11月曜日の発表で、本日5/14木曜日からニュージーランドはコロナへの警戒レベルを2に緩和し、

実施日常に戻ろうとしています。

早速在オークランド日本領事館より、レベル2の内容を記したメールが届いたので、シェアします。

 

【本文】
レベル2における行動制限等について,NZ政府が述べている内容の概要は,以下のとおりです。
〈NZ政府のコロナ専用サイト〉
https://covid19.govt.nz/alert-system/alert-level-2/
〈11日アーデーン首相のレベル2に関するスピーチ〉
https://www.beehive.govt.nz/speech/level-2-announcement

1 安全な行動を(Play it safe)
・COVID-19はまだ存在しています。安全に行動しましょう
・公共の場では,他の人から距離を保ちましょう。
・体調不良時は外出を控えましょう。
・風邪やインフルエンザの症状がある場合は、医師またはヘルスラインに電話して検査を受けましょう。
・手を洗いましょう。
・くしゃみや咳をする際は,肘で口元を覆いましょう。
・自己隔離を指示された場合は,すぐに従いましょう。
・どこに行ったか,誰に会ったかを記録しましょう。
(11日の記者会見で,アーデーン首相は,マスクの着用は強制しないと述べています。)

2 生活
・安全に運営可能なビジネスは再開できます。
・学校等を再開することができます。(18日以降)
・地域(region)をまたいで移動できます。
・結婚式や葬儀等の集まりには、最大10人まで参加できます。
・親しい友人や家族とは,10人以下のグループで安全に交流することができます。
・地元のレストランやカフェ等に行くことができます。但し,これらの施設は,きちんと他の人から距離をとることが求められています。
・バーやナイトクラブの営業再開は原則5月21日以降です。
・10人以下であれば,通常のレクリエーション活動を再開できます。

3 レベル2でのCOVID-19抑止対策
・他の人との物理的な距離を保つことが求められます。
・厳格な国境管理は継続されます。
・広範囲なPCR検査が継続されます。
・体調不良者及びその濃厚接触者に対し,自己隔離が求められます
・小規模かつ管理された集会のみ許可されます。

4 個人の行動
・公共の場所では,他の人から距離を保ってください(できれば2メートル)。
・カフェ,教会,集会,レストラン等では,他のグループから1メートルの距離を保ってください。
・公園やショッピングモール,散歩中に知らない人に近づく際は,特に注意してください(万が一の場合,接触者の特定が困難であるため)。

5 集会,イベント等
友人や家族を家に招き入れることができますが,人数は10人以下,時間は2時間以内です。家以外の場所における集会(結婚式,葬儀,家族イベント等)も,10人以下,2時間以内とされており,参加者を記録する必要があります。
博物館,図書館,映画館,マーケット等の公共施設が再開できます。いずれの施設も,人と人との間の物理的距離をとることが求められています。
スポーツ・レクリエーション施設は,参加者グループを1メートル離すこと,10人を超えるグループがないこと,スタッフを除く利用者が100人を超えないことなどが求められます。

6 運動,スポーツ,レクリエーション
レベル3で禁止されていた以下のアクティビティが可能になります。また,ラグビーやネットボールのプロリーグも再開できます。
・保護区域(public conservation land)における狩猟等
・公共プールでの水泳
・ジム
・ボート等のウォータースポーツ

7 職場とビジネス
ビジネスの現場では,以下の要件を満たす必要があります。
・敷地内に入る全ての顧客等を適切に記録すること。
・顧客グループの間に1メートルの距離を保持すること。顧客の記録ができない場合は2メートルの距離を保つこと。
・顧客グループは10人以下とし,応対時間は2時間以内とすること。

カフェやレストラン,バーのほか,ハードウェア,ガーデニング用品,衣料品,精肉,パン,魚介類の販売店も再開できます(バーやナイトクラブの営業再開は原則5月21日以降)。美容院や訪問サービス等,特に密接な接触を伴う事業については,以下の条件が求められます。
・接触者を追跡できる確固たるシステムを導入すること。
・適切な衛生措置を維持すること。
・接触を必要最小限に抑えること。

8 移動,交通
国内移動が可能となりますが,どの移動サービスを利用したか,誰と接触したかを記録する必要があります。他のグループからは距離を保ち,目的地以外への立ち寄りは,最少限に抑えなければなりません。公共交通機関の利用は自分で制限するか、混雑時を避けて利用するようにしましょう。また,飛行機その他の交通機関を利用する場合は,運航者の指示に従ってください。

9 教育
幼児教育サービス,学校,高等教育施設は再開可能です。

 

以上、在オークランド日本国総領事館より。

 

アーデン首相は、コロナ以前の世界に戻るのは不可能だとしつつも、ほぼ全てのお店が再開され、今まで制限されていたことが出来るようになり日常生活に戻ることが宣言されました。

 

私のレストランも今日から通常営業を再開します。

ただ、席数を減らし、席幅を1m以上空けるように配置したので、受け入れらる客数はかなり減ります。

今まで、最大11組(22名)受け入れていたのが、今日からはしばらく一度に5組(18名)限定にします。

人数はあまり減っていないように見えますが、組数が半分に制限されるので、やはり売り上げには大きく響くでしょう。

 

私の彼も今日から、会社に出勤していきました。

在宅でできていたのだから、そのまま在宅勤務が続けられたら良かったのだけど・・・

子どもをもつ人は、学校が再開する月曜日からの出社を認められたようで、彼も一応ボスに月曜日からでいいか、聞いていましたが、却下されたようです。笑;

 

家の中も静かです。

 

そしてちょっと寂しい。

 

作業は捗りますが。

 

さて、次のニュージーランドの課題は、いつ国境を開けるかになってくるでしょう。

 

月曜日の政府の発表で、コロナ感染者の38%が海外からの帰国者、31%がその家族や同僚など濃厚接触者、と出ていたので

国境を開けることは大きなリスクになります。

 

ソースはMinistry of healthの公式発表より。

https://www.health.govt.nz/our-work/diseases-and-conditions/covid-19-novel-coronavirus/covid-19-current-situation/covid-19-current-cases#summary

 

このMinistry of healthのサイトは全ての症例を追跡していて、年齢、地域、海外渡航経験はあるか、あればどこの国にいたのか、飛行機の便名など、全て公開されています。

島国かつ症例が比較的少ない国だからこそ出来るのかもしれませんが、かなり調査に力を入れられていて、さすがだなという印象。

これはいいソースですね。

 

興味のある人はのぞいてみて下さい。

 

では、今日はこのあたりで。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.